吃音(どもり)を治すには?吃音治療のやり方を徹底比較

吃音(どもり)を治すためには何をすればいいのでしょうか。

ネット上では様々な情報を見つけることができますが、ある記事では正しいと言っていることも他の記事では否定されていたりと何を信じたらいいのかわかりません。

一番たちが悪いのは、特定の商材を売るためにその商材を褒め称えるだけで内容が薄い記事です。ネット上で吃音の治し方を調べる際は、作者自信が吃音に悩んでいた経験があるか、もしくは吃音治療の専門家かを指標にしてください。

私自信も小さい頃から吃音に長年悩まされていた経験があり、大学に入って人前で発表する機会が増えてきた時に大勢の前でどもることがとても恥ずかしく、そこからいろいろな方法を試すようになりました。

試行錯誤するうちに吃音について専門家並みの知識を得ることができました。このページでは、あらゆる吃音の治療法を比較し、どうすればもっとも効果があるかを解説します。それではいったいどうやって吃音を治したらいいのでしょうか。

吃音の治し方は?

吃音というのは、短期間ですぐに治るものではありません。誰でも治る治療法があるわけでもありません。

吃音は様々な原因が絡み合っていますので、脳、心理、生理的現象、コミュニケーション、体の使い方などの様々な角度から時間をかけて少しずつ統合的に治療することが求められます。

一番注意して欲しいのが、年齢によって治療法が異なるということです。

具体的には、小学校低学年以下と小学生高学年~成人で治療法が異なります。

それぞれについて治療法を見ていきましょう。

①小学校低学年以下

小学校低学年以下の子供の吃音の治療で一番大切なのは、親や先生が暖かく見守ってあげることです。

病院に行くと、子供の中で病院に行くことは悪いこと、吃音は悪いことなんだとプレッシャーになりむしろ悪化する可能性があります。

正しい接し方をすれば、幼児期の吃音は小学生頃までに約七割が治癒します。

子供にプレッシャーを与えずに優しく話を聞いてあげてください。

②小学生高学年~成人

小学校高学年になると、話し方に癖ができてしまい、自然に治ることはほぼなくなってしまいます。

しかし、正しい方法を知れば何歳からでも治癒することはできます。

治療法には二つのアプローチがあります。会話の仕方を変えることと、メンタル面の改善です。

両方のアプローチを行うことで正しく治療できます。

順番としては、まずはすぐに取り組むことができる会話の仕方の改善から行っていきましょう。そして少しでも違いが実感できたら次はメンタル面の改善に移りましょう。メンタル面の改善は早くても二、三ヶ月はかかるので根気がいります。

それぞれのアプローチについて詳しく見ていきましょう。

会話の仕方の改善

吃音の方の特徴として、「吃音になりやすい話し方」をしていることが挙げられます。

「吃音になりやすい話し方」とは主に早口で抑揚のない話し方です。

早口になる原因は精神的な面が大きいのですが、精神的な面を克服せずとも、自宅でゆっくりと話す練習をすることである程度改善することができます。完全に治癒させるにはもちろん後述するメンタル面の改善は必要不可欠です。

自宅で会話の仕方を治すトレーニングをする際に効果的なのは、自分の声を録音することです。最近ではスマホの無料アプリで簡単に録音できるので、是非ご自身の声を聞いてみてください。何度も録音して徐々に変化を実感してください。

また、自宅でのトレーニングの際に、お腹から声を出すことと表情を豊かにすることを意識してみてください。イメージとしては、気さくな外国人です。

すると、話す際にリズムができて少しどもりがマシになるはずです。

メンタル面の改善

メンタル面、精神面の改善が一番重要です。重要ですが、そこまで身構える必要はありません。コツさえ掴めば自然と吃音、どもることをいつの間にか気にしないようになります。

吃音の方は、人前でうまく話せなかっととや、馬鹿にされたこと、親からのプレッシャーなど様々なトラウマを抱えており、それが吃音の原因となっていることが多いです。

メンタル面の治療を行うには、

  1. 病院に行く
  2. 自力で治す

の二択となります。

病院に行く場合は、精神科や心療内科では、心理的要因で引き起こされた吃音症に対してメンタル面から治療していく心理療法などを行います。

病院に行くことの問題点は、安くても2、3万円、薬も出すと6、7万円とどんどん高くなり、効果が出るかもわからないのに費用だけがかさみ、それがさらに焦りとなって悪循環を引き起こす可能性があります。

それでは自宅で治すのはどうかというと、もちろん自宅で治療することもできます。ただし、吃音治療のプロや専門家に相談できる環境を整えてください。

一人で治そうとすると、誤った情報で意味のないトレーニングをしてしまう可能性がある上に、寄り添ってくれる存在がいないと心細くて続かないためです。

私も一人でなんとか吃音を治そうとしましたが、一人ではなかなかやる気が続かず、トレーニングを試してみたり試してみなかったりとだらだら無意味な時を過ごしてしまい非常に後悔しています。

自宅で治すおすすめの方法は、オンラインの吃音治療プログラムに申し込むことです。オンラインであればわざわざ病院まで出向く必要はなく、家で気軽にでき、さらに専門家へのメールでの相談もできるので環境としては最高です。

ただ、ネット上で買い物をしたことが無い人には不安な部分もあるかと思います。

そこで、有名なオンラインプログラムを比較しておすすめ順にランキング形式にしてみました。是非参考にしてみてください。

吃音治療プログラム比較ランキング

商品

【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム

吃音改善プログラム「吃音、どもりを自宅で簡単に改善するプログラム」

37のトレーニングで吃音(どもり)を徹底治療。幼児、成人の吃音(どもり)改善をお手伝いします
詳細 詳細 詳細
効果 特別な発話トレーニングや訓練をしたり、薬を飲む必要はなく、吃音の治療においてとても重要なメンタル面を圧倒的に楽にします。 成人の吃音の原因の多くを占める精神面の治療を主に行います。精神面の治療という意味では、【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムとかぶる部分もあります。値段が安い分こちらの方が内容、効果は薄いですが、その分簡単に行えるという利点があります。 36のトレーニングで、様々な吃音の原因に対応できます。自分にあった吃音改善訓練を選べるのが強みです。ただし、精神面の改善に関しては少し弱い印象です。
信頼性 作者の中村しょう自身がかつては吃音に苦しみ、自分のことを身体障害者だと勘違いして悩んでいました。4、5歳から始まって25歳までの約20年間の辛い実体験を糧に、このプログラムは作られています。メール相談に対する答えも説得力があって信頼できる方です。また、精神的な面を治療するといっても脳科学を元にしており決して精神論ではありません。 作者の井坂京子先生自身も重度の吃音で保育園の頃から社会人になるまでの21年間もの間苦しみ続けましたが、独自の改善プログラムで克服し、現在では国語の教師として人前で楽々と話せるようになっています。さらに、井坂先生は吃音に関しての本を出すほど業界では知られた存在です。 「ことばの病院 白萩学園」の院長上西先生が監修ということですが、ネットで調べてもこの病院は出てきませんでした。この先生が出されている著書は最新で1978年ととても古いので、吃音に対する情報が古いかもしれません。
治療期間 1日20分のトレーニングを約二ヶ月間行います。一般的な吃音治療は最低でも2、3ヶ月かかるので、個人差はありますが治療期間は短い方です。 1日9分のトレーニングを二回ずつ、35日間行うプログラムです。吃音改善プログラムの中では最速です。 吃音に悩む個人にあった治療を必要な時に必要なだけ実践するというプログラムなので明確な期間はもうけられていません。
アフターフォロー 購入すると中村しょうさんへのメールで質問ができるようになります。吃音に関することからさらに踏み込んだコミュニケーション術、魅力のある会話方法など何でもOKです。さらに、効果に満足できなければ100%の返金保障がついているので安心です。 このプログラムの一番のオススメポイントは、作者の井坂京子先生にメールで質問ができることです。井坂さんの回答には何としてでも購入者の吃音を治したいという熱意が感じられ、非常に丁寧かつ親切で感動します。 180日間の返金保障があります。ただし、メールによる相談はサービスに含まれていません。
コスパ 吃音の治し方は、実際に医療機関へ通う人もいれば、吃音専門のクリニックなどで行われている改善プログラムへ通う方法、独自に本などを買って訓練する人など様々です。基本的に皆複数の方法を試します。本であれば数千円ですが、実践的でないことが多いです。医療期間にかかる場合は高くて20万かかるところもあります。これだけの内容とメール相談権利、返金保障までついてこの値段はとてもコスパが良いです。 医療期間にかかれば数万円かかるところを、このプログラムでは一万円以下で実践できるので非常に安いです。その分他のプログラムに比べてページ数は少ないですが、メールによる質問権までついているので十分割にはあっているでしょう。 教材はかなり安いほうです。ただし情報が古かったり、吃音の原因で大きなウェイトを占める精神面の治療法が少し弱いのが難点。いろいろなトレーニングを試したい方にはオススメです。
価格 29,700円 9,000円 12,800円

各プログラムのレビュー

吃音改善プログラムを三つ簡単に比較、紹介しましたが、もう少し詳しくレビューを見ていきましょう。

【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム
吃音についての基本的な知識から具体的な改善法まで、吃音に関する知識がゼロの人でも丁寧にステップを踏みながら徐々に改善していくことができるプログラムです。
著者の中村しょう(祥)は、吃音・どもり改善サークルを主宰しており、今までに300人以上もの人を吃音から救ってきたという経験を持っています。
返金保障やフォローアップメールなどのアフターフォローも充実しており、最も人気があるプログラムです。

  • 吃音について詳しく知らない人でも安心して取り組めます。
  • 怪しい発音トレーニングや薬ではなく、脳科学に基づいてどもりの「脳のくせ」を治療し、自信がつきます。
  • 全額返金保障がついているので安心です。
  • 著者の中村しょう先生にメールで相談できるので、教材に関してわからないことがあったら気軽に質問できます。
  • 1日たった20分のトレーニングなので気軽に行えます。
価格 効果 信頼性
29,700円 特別な発話トレーニングや訓練をしたり、薬を飲む必要はありません。吃音の原因の多くを占める精神的な面を圧倒的に楽にします。治療後は心がすっと楽になり、緊張することが減るのを実感すると思います。 中村しょう自身がかつては吃音に悩んでおり、自分のことを身体障害者だと勘違いして悩んでいました。4、5歳から始まって25歳までの約20年間の辛い実体験を糧にプログラムを組んでいます。メール相談に対する答えも説得力があって信頼できる方でした。また、精神的な面を治療するといっても脳科学を元にしており決して精神論ではありません。
治療期間 アフターフォロー コスパ
1日20分のトレーニングを約二ヶ月間行います。一般的な吃音治療は最低でも2、3ヶ月かかるので、個人差はありますが治療期間は短い方です。 購入すると中村しょうさんへのメールで質問ができるようになります。吃音に関することからさらに踏み込んだコミュニケーション術、魅力のある会話方法など何でもOKです。さらに、効果に満足できなければ100%の返金保障がついているので安心です。 吃音の治し方は、実際に医療機関へ通う人もいれば、吃音専門のクリニックなどで行われている改善プログラムへ通う方法、独自に本などを買って訓練する人など様々です。基本的に皆複数の方法を試します。本であれば数千円ですが、実践的でないことが多いです。医療期間にかかる場合は高くて20万かかるところもあります。これだけの内容とメール相談権利、返金保障までついてこの値段はとてもコスパが良いです。
キャンペーン情報
「特別レポート①」大勢の前で話す時などの緊張を、ある考え方とほんの少しのテクニックで消してしまうマニュアル
「特別レポート②」読んだ瞬間、頭がすっとして吃音(どもり)が軽減する応急処置マニュアル

  • 詳しい解説を見る
  • 公式サイトを見る
no2
吃音改善プログラム「吃音、どもりを自宅で簡単に改善するプログラム」
1日9分、35日間で吃音を克服する、最も早く効果の出るプログラムです。
著者の井坂京子は、吃音改善プログラムのコーチを務める一方で現役の国語の教師でもあります。
値段が安く、トレーニングの期間も短く、さらに返金保障も付いているので、ネットで教材を買うことに抵抗がある人がとりあえずお試しで買ってみるのには最適です。

  • 価格が非常に安いです。
  • 自宅で簡単に、一人でできます。
  • 1日に9分間のトレーニングを二回、約一ヶ月続けると効果が出るのでとても早いです。
  • 作者自身も重度の吃音に悩まされていた経験があるので説得力があります。
  • 全額返金保障付きなので安心です。
  • 作者の井坂先生にメールで相談できるので、教材に関してわからないことがあったら気軽に質問できます。
価格 効果 信頼性
9,000円 吃音の原因の多くを占める精神的な面の治療を行います。精神面の治療という意味では、【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムとかぶる部分もあります。値段が安い分こちらの方が内容、効果は薄いですが、その分簡単に行えるという利点があります。 作者の井坂京子先生自身も重度の吃音で保育園の頃から社会人になるまでの21年間もの間苦しみ続けましたが、独自の改善プログラムで克服し、現在では国語の教師として人前で楽々と話せるようになっています。さらに、井坂先生は吃音に関しての本を出すほど業界では知られた存在です。
治療期間 アフターフォロー コスパ
1日9分のトレーニングを二回ずつ、35日間行うプログラムです。吃音改善プログラムの中では最速です。 このプログラムの一番のオススメポイントは、作者の井坂京子先生にメールで質問ができることです。井坂さんの回答には何としてでも購入者の吃音を治したいという熱意が感じられ、非常に丁寧かつ親切で感動します。 医療期間にかかれば数万円かかるところを、このプログラムでは一万円以下で実践できるので非常に安いです。その分他のプログラムに比べてページ数は少ないですが、メールによる質問権までついているので十分割にはあっているでしょう。
キャンペーン情報
【特典1】「普通に暮らしているだけで毎年、海外旅行にタダでいけるノウハウ」(PDFファイル231ページ 9,980円相当)
【特典2】「ラストミニッツで手に入れる格安海外旅行」(PDFファイル 32ページ 2,980円相当)
【特典3】「ストレスを管理する」(PDFファイル:47ページ 2,980円相当)
【特典4】「空腹感ゼロでやせる方法!」(PDFファイル:90ページ 2,980円相当)
【特典5】「あなたのダイエットはなぜ失敗するのか?」(PDFファイル 68ページ 3,000円相当)
【特典6】「ハグの魔法-愛が伝わる子育て」(PDF 57ページ 2,980円相当)
【特典7】「禁煙のススメ!」(PDFファイル 100ページ ¥2,980相当)
【特典8】「口臭撃沈!」(PDFファイル 34ページ ¥1,980相当)
【特典9】「デトックスで体の中から毒素を除去して、美しく健康になる方法」(PDFファイル 74ページ ¥2,980相当)
【特典10】「ホクロやイボを自然にきれいに取り除くには?」(PDFファイル 40ページ ¥1,980相当)
【特典11】「今より50ヤード以上飛ばす-ゴルフスイングの秘密」(PDFファイル 32ページ ¥1,980相当)

  • 詳しい解説を見る
  • 公式サイトを見る
37のトレーニングで吃音(どもり)を徹底治療。幼児、成人の吃音(どもり)改善をお手伝いします
吃音は、精神的、発語・発音、もしくは呼吸の仕方など様々な原因が考えられます。そして吃音の原因の多くはこれらが複合しています。吃音のあらゆる原因を幅広くカバーしているのが本教材です。
36の実践的なトレーニングが紹介されているので、自分に必要なものを選んでコツコツと訓練していく形になります。
お子様向けのトレーニングもあるので、吃音の子供を持つ親御さんにもオススメです。

  • 精神面だけでなく、発語・発音や呼吸の仕方などの問題にも対応しています。
  • 様々なトレーニングの中から自分にあったものを選べます。
  • 返金保障がついているので安心です。
価格 効果 信頼性
12,800円 36のトレーニングで、様々な吃音の原因に対応できます。自分にあった吃音改善訓練を選べるのが強みです。ただし、精神面の改善に関しては少し弱い印象。 「ことばの病院 白萩学園」の院長上西先生が監修ということですが、ネットで調べてもこの病院は出てきませんでした。この先生が出されている著書は最新で1978年ととても古いので、吃音に対する情報が古いかもしれません。
治療期間 アフターフォロー コスパ
吃音に悩む個人にあった治療を必要な時に必要なだけ実践するというプログラムなので明確な期間あはもうけられていません。 180日間の返金保障があります。 教材はかなり安いほうです。ただし情報が古かったり、吃音の原因で大きなウェイトを占める精神面の治療法が少し弱いのが難点。いろいろなトレーニングを試したい方にはオススメです。
キャンペーン情報
メンタルクリニック院長監修「あがり症改善プログラム」

  • 詳しい解説を見る
  • 公式サイトを見る

まとめ

いかがだったでしょうか。

ここまで吃音の治し方について様々な方法を比較してきました。吃音は一朝一夕には治りません。日々コツコツトレーニングをすることで徐々に吃音のことが気にならなくなっていくのです。

吃音に悩むのはあなただけではありません。そして吃音は決してあなたの責任ではありません。いろいろな要因が複雑に絡み合ってたまたま言葉が出にくくなってしまったのです。

正しい改善方がわかれば必ず治るのが吃音です。あなたに合った治療法がみつかることを心の底から願っております。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする